うつ病の主な症状とは|抑うつの状態になると

女性

最近のうつ病の種類

胸に手を当てる人

最近で色々な研究が進んだ中で、うつ病にも様々な種類と症状があることが発覚しています。昔と違って今は、数々のカテゴライズがされており、症状ごとに違いがあります。本来のうつ病には当てはまらないけど、最近出てきたうつ病に当てはまるパターンもありますので、しっかりとこの種類について把握しましょう。
まず、初めに仮面うつ病と呼ばれているものがあります。呼ばれている名前だけを見るとうつ病のふりをしていると思いがちですが。実はこの仮面をかぶっていること自体がうつ病の症状になります。これは、身体の症状が先に出てしまい、うつ状態ということを自覚することが出来ないうつ病になります。仮面うつ病においては身体的症状は多くあり、表面的な症状だけを治療しても、根本的なうつ病の解決にはなりません。そのため、この仮面うつ病の人は症状に応じた病院やクリニックなどの医療機関を渡り歩いてしまう傾向があります。仮面うつ病の場合に現れる症状は、口内の違和感や渇きを感じる、舌の痛み、頭痛、動悸、肩こり、胃の不快感などがあげられます。現在知られている病気の初期症状も多く含まれているため、どこか身体の病気なのかそれとも仮面うつ病なのかの判断は最初は判別しにくいです。まずは、上のような症状がある場合は、病院に行くことが第一になります。次に退行期うつ病があります。主に60~65歳の老年期にさしかかる時期に発症しやすいと言われておるうつ病になります。発症した年齢や性別などによって、初老期うつ病や閉経期うつ病などと呼び方は異なりますが、原因や症状はほぼ同じになります。身体が昔と比べて衰えて行くことで、当たり前に様に出来ていたことが困難になる事や老年期になって死をいつもより意識することなど、加齢に伴って出てくるじぶんの変化が主な原因とされています。この退行期うつ病は上の仮面うつ病と似ています。うつ病は生活や身体の変化などで発症するものです。家族だけではなく、医師やカウンセラーの人にも協力を行ってもらうのが非常に大切になります。