うつ病の主な症状とは|抑うつの状態になると

女性

うつ病になりやすい人

病院

うつ病は日本だけでも約100万人の方が患っており、苦しんでいると言われています。ここ最近では、代表的なうつ病の症状が発生する従来型うつ病のほかにも若い年齢の方が発生してしまう非定型うつ病というものがあります。この2つのタイプに分かれているうつ病ですが、なりやすい性格などがあると言われています。自分の性格を急に変更することは難しいことですが、もし該当する面があったらうつ病にならないためにも意識して過ごすことが大事です。
従来型の典型的なうつ病は、気分が落ち込みやすく何事にもやる気がなくなるのが主な症状で特徴にもあります。従来型うつ病の人は、この環境の自分もせめてしまいさらに気分が沈んでしまいます。従来型うつ病では、性格や自分の心の中にある物が原因で発症してしまうと考えられるのも内因性と呼ばれています。この内因性を引き起こしてしまう性格は主に次に3つに分類されてしまいます。1つは循環型です。陽気なときと気持ちが沈んだ状態が循環してあらわれてしまう性格のことです。比較的に肥満の人が多いとされています。2つ目が執着型になります。日常生活において熱中しやすく、几帳面な部分があります。また、仕事熱心な人が多く、責任感も持っているのが特徴でしょう。仕事や勉強においても、完璧を求めてしまう性格で、そのため心身にストレスをためやすいです。過労から発生してしまううつ状態やそれに伴った症状が発生してしまいます。3つめがメランコリー親和型になります。仕事や学校の中で定められたルールをしっかりと守ろうとします。周りの人たちにも気遣いや思いやりを欠かさない性格ですが、ルールや決まりに執着するあまりにそれがもし上手くいかなかった場合は、うつ病になってしまいます。
そして、最近耳にするようになった非定型うつ病ですが、中高年よりも若い年齢の方がなりやすいとされています。仕事では些細なことがきっかけで気分が落ち込んでイライラでしたりしますが、休みの日になると趣味などに没頭して活動的になることが出来ます。このように激しい感情の変化があるのが特徴です。この非定型うつ病になりやすい人は、幼少のころから成績などが優秀な人、他人からの評価を常に気にしている人、人から嫌われることが怖くて自己主張が上手く出来ない人などがあげられます。自己主張を抑えて、人のために尽くしますが、それが破たんしてしまうとうつ病が発症し症状があらわれるケースがあります。